公言しづらい趣味を実現化させるには?

大切な友人が、出会い系で辛い経験をしていました。

出会った相手と意気投合したことで交際が始まったという話でした。しかしつきあいが数か月になったころ相手が既婚者だったことに気がついたというのです。結婚を前提として考えていた友人はショックを受けて、気の毒なほど落ち込んでいました。相手の気持ちも考えず既婚者であることを偽った人が真面目に出会いを求めている相手を騙すのは卑怯で卑劣な行為です。ネットゲームやSNSのオフ会を出会いの場として参加する人もいますが、周りの参加者と目的がずれてしまっているケースも多く恋人探しだけを目的に参加している人は出会い厨とよばれ悪い印象を持たれてしまいます。
異性との交流が目的であれば参加者全体がそのつもりである出会い系サイトの方が効率がいいでしょう。

 

相手の希望がわからないまま恋愛対象にするよりも同じ目的をもつ異性を当たる方が良い結果につながりやすいでしょう。

知らない同士のふたりがたまたま居合わせてと聞くとおしゃれでうらやましく聞こえますが、現実にはこのような出会いをするカップルはなかなかいるものではありません。素敵な異性がその場にいたとしてもコミュニケーションをとる機会が生まれるかどうかは別問題です。
一方で出会い系サイトの場合には緊張してしまい異性に声をかけられないという人もメールから始めることで、自分に合った出会いの方法を見つけられるでしょう。

出会い系サイトの中には、サービスを利用することでポイントを使ったり貯めたりできるポイント換金制を導入しているところもあります。
こうしたサイトを利用するときは、「キャッシュバッカー」に注意すべきです。。
これは、出会い系サイト利用者の中に、恋人探しを目的として出会い系サイトを利用しているわけではなく、サイトを利用することでたまるポイントを目的として出会い系サイトを利用する人のことをいいます。
キャッシュバッカーはサクラではない、ちゃんと登録した人ですし、自動返信プログラムとももちろん違うため判別しづらいのですが、実際に会おうとせず、ただメールのやりとりのみ要求するような相手とは早々に関係を打ち切り、次の出会いに目を向けましょう。出会いアプリを通じたやり取りでも、自分が興味のあるものと同じ趣味を持っている人との方が話が盛り上がりやすいですし、親しくなるのもはやいのではないでしょうか。
だからこそ、出会い系サイトの自己紹介欄には少しでも興味があるものについては積極的に記入しましょう。
場合によっては公言しづらい趣味を持っているかと思いますが、書きづらいと思ってしまうかもしれませんが、一方で先にPRしておくからこそ、共有できる方からはより強く親近感をもってもらうことができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です